{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

NY1980

2,300円

送料についてはこちら

鋼鉄のビルが落とす鋭い影、ストリートにあふれるグラフィティー。1980年代のニューヨークは渾沌としたエネルギーに満ちていた。 著者は写真を撮りたいという衝動に突き動かされ、はじめて買った一眼レフカメラを手にして、街へ、世界へと歩み出す。 「そこに通っているのは一本のレンズ通りである。虚構と現実をつなぐこの通りこそが、過去といまと未来を接続するラインなのであり、それをつかみとることに生のリアリティーがあるのを強く確信したのだった。」(本文より) 1980年のニューヨークで学んだ生きる力とものの見方を写真と文章で表現する、大竹昭子の原点に立ち返った重要な一冊。 148 × 210 mm | 112頁 | ハードカバー モノクロ写真+テキスト 著者サイン入り。税サービス中!

セール中のアイテム